モラタメ ロゴ

タメすだけで
困っている誰かが助かる!

モラタメSDGsプロジェクト

ポッケ

タメすだけで、寄付につながります!

タメせる商品の
送料関係費から一部を寄付します

皆さまがタメせる商品の申し込みで決済した送料関係費の一部を、モラタメから各支援団体に寄付金としてお届けしています。

皆さまが商品と出会える「嬉しい」に、困っている誰かがちょっぴり助かる「嬉しい」をプラスします。

モラタメ SDGs プロジェクト
2021年12月末時点の寄付金額

合計2,500,000

今回の寄付先はこちら!

寄付対象期間 (2022/1/16 ~ 1/31)

「日本アニマルトラスト」について

 

人と動物とのより良い共存のために、1990年「ハッピーハウス」の設立以来、さまざまな活動を行っています。

 

 

 

 

日本アニマルトラストの末廣様にお話を伺いました。

 

私たちは、一頭でも多くの動物がその命をまっとうできるよう活動の幅を拡げてきました。主な活動をご紹介します。

 

  1. 動物の孤児院「ハッピーハウス」
  2. 避妊手術・けがの治療等を行う「動物診療所」
  3. 動物と人が良い関係でいるための「ドッグトレーニング」
  4. 野良猫と地域を考える「地域猫活動」

 

 

―ハッピーハウス設立のきっかけを教えてください。

 

アニマルトラスト代表の甲斐が、ボランティアとして動物保護施設を訪れたことがきっかけです。

そこで甲斐は、保護されても引き取られず、最終的に安楽死を迎える動物がとても多いことを知りました。

 

安楽死のない動物保護施設を作りたい、その思いで設立したのがハッピーハウスです。

 

現在は、約586頭の犬や猫等が暮らしています。彼らは予防接種やしつけのトレーニングを受けながら、引き取り手が現れるのを待っています。

 

 

 

 

―ハッピーハウスの動物の数は増えているのでしょうか。

 

残念ながら、年々増えています。特に多いのは、飼い主の高齢や入院によって飼えなくなるケースです。

 

動物の殺処分の多さが社会問題としてもとり上げられ、その数は減っているように見えます。しかし、私たちに寄せられる引き取り相談の件数は減っていません。解決にはまだ長い道のりが待っていると感じます。

 

 

―モラタメ会員にメッセージをお願いします。

 

まずは、私たちの活動についてぜひ知ってください!

 

ペットを飼いたい人は、ペットショップやブリーダーさんと並ぶ選択肢のひとつとして、ハッピーハウスを加えてみてほしいです。

 

また、ほかにもたくさんある動物愛護センターを、身近なものにしてくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

動物と暮らしたいけど、犬・猫は10年以上生きるし、年齢的に不安だな…という方にも知ってもらいたいですね。

 

ハウスには10歳以上の成犬もいます。マッチング次第で誰でも犬・猫をお家に迎えることが可能です。もしもの時には私たちのフォロー体制もあります。

 

少しでも多く、動物と私たちの素敵な共存関係を増やしていくために、情報発信していきたいと思います。

 

 

日本アニマルトラストの活動について詳しく知りたい方は、こちら

 

日本アニマルトラスト公式webサイトへ

このプロジェクトは、生活者(モラタメ会員)の皆さまと、支援団体を結びつける活動です。
モラタメは、商品との「嬉しい」出会いを通じて、持続可能で安心して暮らせる社会実現に貢献します。