moratame beauty

さよならカサカサ肌!この冬マストでやっておきたい、保湿ケア特集♡

2022.11.08

冬を迎える今の季節、お肌のお悩みとして気になることは乾燥ですよね。 毎年寒くなると身体が痒い…というお悩みを抱いている女性も少なくないのではないでしょうか。 今回は、身体の保湿ケアについて詳しくご紹介します。 あわせてお…

# 肌トラブル

冬を迎える今の季節、お肌のお悩みとして気になることは乾燥ですよね。

毎年寒くなると身体が痒い…というお悩みを抱いている女性も少なくないのではないでしょうか。

今回は、身体の保湿ケアについて詳しくご紹介します。

あわせておすすめの保湿ケアアイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

お肌のうるおいを保つメカニズム

人間の皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層から成り立っています。

3つの中でもっとも外側に存在している表皮がお肌のうるおいを保つ役割を担っています。

表皮は、内側から順に「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角層」の4つで成り立っており、それぞれ異なる役割があります。

一般的にお肌のうるおいは「皮脂」「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」の3つの保湿因子によって保たれています。

角層に存在しているNMFはアミノ酸が主な成分であり、水分をつかまえる働きと水分を抱え込む働きに優れています。

このNMFのアミノ酸を生成しているのが、表皮の中の顆粒層です。

細胞間脂質は角層の中に存在し、水分と油分が何層にも重なり合い、強いバリア機能と水分保持機能を担っています。

角層の上で、皮膚の表面に膜を作ることでお肌の表面から水分の蒸発を防いでいるのが「皮脂膜」です。

皮脂膜は、皮脂に角層由来の脂質が混ざっている皮表脂質と汗によって成り立っています。

 

なぜお肌は乾燥してしまうの?

 

前述のとおり、お肌のうるおいは皮脂、NMF、細胞間脂質によって保たれています。

しかし、加齢やターンオーバーの乱れによって3つの保湿因子が減少してしまうと、お肌の角層の水分も減り、お肌が乾燥した状態に…!

お肌のうるおいはバリア機能も担っているため、うるおいが不足すると同時にバリア機能も低下してしまうことになります。

バリア機能の低下によって、かゆみやカサつき、炎症までもが引き起こされます。

 

冬にお肌が乾燥しやすいのはなぜ?

1年を通して、冬は特に乾燥しやすい季節ですよね。

なぜ冬になるとお肌が乾燥しやすくなるのでしょうか?その理由として、まず湿度が低下することがあげられます。

1年間でもっとも空気が乾燥するのは12月〜2月で、相対湿度呼ばれる空気の水蒸気含有量を示す割合が50%前後にまで下がります。ちなみに、年間相対湿度の全国平均は70%です。

この50%前後というのはあくまで屋外での湿度になり、屋内の湿度はさらに低い数値になります。

冬は気温が下がるので屋内では暖房を使用することが多いですが、温度が上がるほど湿度は下がる傾向にあるためです。

また、気温の低下もお肌の乾燥にとって大きな影響を及ぼします。

気温が低下すると身体が冷え、固くなってしまいます。それと同時に血管も硬くなるため、血液の流れが悪くなります。

血流が悪くなると、血液が運んでくれる酸素や栄養分、熱が身体の末端まで行き渡りにくくなります。

血液が巡りにくくなると新陳代謝も低下してしまうため、お肌のターンオーバーの乱れにつながってしまうことに…!

一般的に、理想的なお肌のターンオーバーの期間は約28日とされています。

表皮内の基底層で作られた細胞が形を変えながら約14日間で角層へと到達し、さらに約2週間皮膚を保護するために働き、お肌の表面に留まります。役目が終わるとともにアカとして剥がれていく仕組みになっていますが、ターンオーバーが乱れることによって、NMFを少なく保有する細胞が表面に残りやすくなります。

そのため、お肌の水分量が低下すると同時にうるおいのバランスが乱れ、乾燥肌を引き起こしやすくなってしまうんです…!

 

乾燥肌を防ぐために注意したいこと

 

お肌が乾燥する原因や仕組みについてはわかりましたね!

ここでは、そのために注意したいことについて詳しくご紹介します。

 

洗いすぎない!

身体の汚れをしっかり落とそうと、ゴシゴシタオルで擦っていませんか?

洗いすぎは、お肌の皮脂や角質を落としすぎにつながり、お肌を守ってくれるバリア機能を低下させてしまうことも…!

お肌への負担をかけすぎないよう、綿素材のタオルと石けんやボディーソープをよく泡立てて洗うようにしてくださいね。

洗い方も、赤ちゃんのお肌を洗うようなイメージでやさしく洗うのがポイントです!

皮脂腺が多く、皮脂がたくさん分泌しやすい胸や背中、ワキなどはしっかり洗うようにしましょう。

洗い流すときのポイントは、お肌のうるおいを奪いすぎないぬるま湯で流すようにするとGood!

 

入浴後10分以内に保湿をしよう!

保湿ケアにおいて重要なポイントは「タイミング」です。

朝起きたときや寝る前に保湿ケアをする方も多いかもしれませんが、保湿ケアをより効果的にしてくれるのはお風呂上がりのタイミング!

お風呂から上がってタオルドライをした後は、お肌の温度が高くなることによって湿度が一気に下がり、お肌が乾燥し始めます。なんと、入浴後20〜30分前後で入浴前よりもお肌が乾いた過乾燥の状態に…!

お風呂から上がったら、10分以内に保湿をするようにしましょうね。

 

身体の保湿ケアアイテムの種類と特徴

一言で身体の保湿ケアアイテムといってもさまざまな種類があります。ここでは、その種類と特徴についてご紹介します。

 

ボディクリーム

ボディクリームは、油分を中心に与えることによってうるおいをキープしてくれます。

テクスチャーは硬いものが多い傾向にあるといえるでしょう。

保湿力が高いため、乾燥がひどい時期や部分に使用するのがおすすめです。

 

ボディローション

身体の保湿ケアアイテムの中でもっとも水分が多く配合されているのが、ボディローションです。

お顔のスキンケアの化粧水的なポジションだと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

ボディクリームの下地として使用したり、夏などの比較的乾燥しにくい季節に活用するのがおすすめです。

 

ボディミルク

ローションとクリームの中間で、お肌に水分と油分をバランスよく与えることができるのがボディミルクです。

お顔のスキンケアでたとえると、乳液に近いイメージ。

テクスチャーもなめらかなものが多い傾向にあるため、クリームだと重すぎると感じる方におすすめです。

 

ボディオイル

天然の油脂が主成分となっているのがボディオイルです。

ボディローションやボディミルクよりも油分が多く、液体状のためクリームよりもサラッとしたテクスチャーなのが特徴です。

油分が多いので、冬の保湿ケアにぴったりです!

 

ボディバーム

オイルを主成分とした、高い保湿力を持つのがボディバーム。

水となじみやすい親水性基剤が使用されているボディクリームとは異なり、水と混ざりにくい油脂性基剤が使用されています。

そのため、お肌の表面をしっかり保護して乾燥を防いでくれますよ。

 

モラタメビューティー編集部おすすめの身体の保湿ケアアイテム

 

モラタメビューティー編集部が、おすすめの身体の保湿ケアアイテムを厳選してピックアップしてみました!

 

「Her lip to」SENSUAL RICH BODY BALM

美容に敏感な多くの女性に支持されている小嶋陽菜さんプロデュースのアパレルブランド「Her lip to」はビューティーアイテムも展開しており、高い人気を誇っています。中でもSENSUAL RICH BODY BALMは、田中みな実さんや指原莉乃さんも雑誌で紹介するほど!

「Her lip to/SENSUAL RICH BODY BALM」は、オイルでもクリームでもないテクスチャを目指して作られた、コクがありながらもお肌になじむ上質なとろけるバームです。

保湿成分としてカメリアオイルやシュガースクワランなどを配合しているため、保湿力は抜群!

ティーローズをベースとした可憐で甘い香調に、アンバーのスパイシーなニュアンスをブレンドした香りもおすすめポイントのひとつです。

おすすめの使い方は、お風呂上がりのまだ濡れたお肌に使用する方法です。お肌が濡れた状態でバームを塗ることによって、水分の蒸発を防ぎ、お肌表面のうるおいを保ちやすくしてくれますよ。

おしゃれなパッケージもお部屋に置いておくだけでテンションが上がりますね♪

 

「ビオレu ザ ボディ」 ぬれた肌に使うボディ乳液

ボディケアに定評があるビオレから、お肌の摩擦を考えて洗いすぎない発想で誕生した「ビオレu ザ ボディ」シリーズ。 

「ビオレu ザ ボディ/ぬれた肌に使うボディ乳液」は、お風呂場から出る前の濡れたお肌に使うことができるので、時短ケアがしたい方におすすめ!

前述のとおり、お風呂上がりの20~30分の間に、お肌はひどい乾燥状態に。濡れたお肌に使うことによって、過乾燥を防ぐことができますし、ひと塗りで角層まで浸透ししっかり密着!

専用ノズル “らくらくスイッチ”をパックに取り付けて、S字フックでお風呂場のタオル掛けなどにかけて使えるのもうれしいポイントです。

香りはエアリーブーケ、ナチュラルシトラスティー、無香料の3種類展開です。シーズンによって限定の香りも発売するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

冬は気温とともに湿度が低下するだけでなく、暖房の使用や血液が循環しにくくなることも加わってお肌が乾燥しがちです。

しかし、お風呂での洗い方や入浴後すぐの保湿など、少し意識を変えるだけで保湿ケアがぐんと効果的になりますよ。

今年の冬は、しっかり保湿をしてすべすべしっとりお肌を目指しましょう♪

 

このような記事も読まれています

NEW

この時期気になる足の蒸れ…いつでもブーツ…

秋はおしゃれが楽しい季節です。 秋冬の定番ファッションアイテムのブーツコーデは毎年人気ですよね。 しかし、ブーツを履いたときの足の蒸れやニオイにお悩みの方は少なくないのではないでしょうか。 今回は、足のニオイのメカニズムやニオイ対策について詳しくご紹介します。 ぜひ参考にしてみて…

2022.10.21

NEW

髪は女の命!最先端♪髪質改善トリートメン…

夏の強い紫外線は、お肌だけでなく髪にもダメージを与えます。 秋は空気が乾燥し始める季節のため、髪も夏のダメージに加えて乾燥しがちですよね。 この秋、サラサラで潤いのあるツヤ感たっぷりの髪を目指して、髪質改善トリートメントを取り入れてみてはいかがでしょう。 今回は、髪質改善トリート…

2022.10.06