話題の新商品がモラえる&タメせる!クチコミサイト

これぞ”正真正銘の”メロンパン!茨城発「究極のメロンパン」

「メロンが入っていない」時代は終わりました

こんにちは、tmです。自らウリ担当を名乗るyaginumaさんが私にお土産をくれました。今回はそんなウリグルメの新星をご紹介します。

「究極のメロンパン」。茨城県神栖市でつくられているそうです。実際はもう少しオレンジ~緑っぽい色をしています。
名前からしてなんだか強そうです。何が究極なんでしょうか。

普通のメロンパンにはメロンが入っていません。それなら本物のメロンを入れたメロンパンを作ろうと、出来上がったのが「究極のメロンパン」です。

引用:fariner 公式サイトより

たしかに、我々が普段食べているメロンパンってビジュアルだけメロン要素が入っていますよね。名前だけでなく中身もメロン感を出しちゃえ!といったところでしょうか。
メロン生産量日本一の茨城県の企業だからこそ思いついた商品なのかもしれません。

引用:fariner 公式サイトより

茨城県産クインシーメロンの果汁と果肉を生地に贅沢に練り込み、メロンの風味豊かなふんわりパンに、優しい甘さのなめらか生カスタードクリームを挟みました。

引用:鹿島製菓株式会社 公式サイトより

絶対おいしい。とはいえ、メロンを生地に入れて焼いちゃってるので、味わいが変わってたり…?

文句を言わせない「本物感」!

実食です。要冷蔵なので、冷え冷えの状態で食べます。
開けた瞬間からメロンの甘い香りが!近くにいたウリ担当・yaginumaさんも「めっちゃメロン」とつぶやいちゃうほどです。

クッキー生地はややしっとりめ。冷蔵していたにもかかわらずパン生地はふんわり柔らかいまま!どちらもメロンの濃厚な果汁感が味わえます。
食べ進めているとクリームが。クリームは甘すぎず多すぎずで、メロンの上品な甘みを引き立てます。

甘すぎてもういい…となりそうですが、絶妙な甘みのコントロール(?)で最後まで飽きずに楽しめました!

東京で買えます!

そんな「究極のメロンパン」、実は東京でも売ってます。

〇地域再発見プロジェクトのコンセプトショップ「のもの」
(JR東京駅・JR上野駅・JR秋葉原駅)
〇銀座にある茨城県アンテナショップ「茨城マルシェ」

東京に住んでいる・東京に行く予定があるならぜひ!通販もやってます!

  • 記事が気に入ったらぜひシェアしてくださいね