話題の新商品がモラえる&タメせる!クチコミサイト

生きるか?死ぬか?熟成肉を作ってみた!

beefsteak
皆さんは熟成肉を食べたことはありますか?
私はまだありません。
食べた人に聞くと、ちょっと匂いが独特だったりするという声も聞き、なかなか手が出ませんでした。
昔から肉は腐りかけが食べごろとは言われているようですが、どうなんでしょうかね…

それでもせっかくブームにもなっているので熟成肉を食べてみようかと思い、ランチの時間に会社近くにある熟成肉が食べられるお店のメニューを覗いてみました!

が、値段にびっくり…

ランチでも結構するんですね!
熟成肉は、熟成させて、腐っている周りの肉を削って提供しているみたいなので、その分値が張るようです…

熟成肉を作ってみた

びっくりする値段を見て、料理男子の心に火が付きました!
というわけで、そんな熟成肉を手作りしてみました。
たまたま知り合いでオーナーシェフをやっている人に熟成肉の話をしたところ簡単な作り方を教わりました!

肉の表面にナンプラー(魚醤)をつけてラップでくるんで、冷蔵庫で寝かす。
3~4日ほど経ったら冷蔵庫から取り出しラップをはずし、キッチンペーパーをまき冷蔵庫へ。
3日ほど寝かせたら完成とのこと。意外と簡単ですね。
ナンプラーに含まれる酵素によって、肉を柔らかくするんだとか!

6日経った時の熟成肉です

agingbeef
腐った匂いというよりも、ナンプラー独特の香りの方が強いです。

ちなみに新鮮な肉の色はこちらです

S__42213381
色が全く違いますね!

こんなんでほんとにいいのか?と思ったのでちょっと調べてみたところ、熟成肉を作るには2つの方法があるみたいですね!
①ドライエイジング
②ウェットエイジング
熟成肉を専門に提供しているお店は①の手法が多いみたいです。

手づくりした熟成肉を調理してみた

出来上がった熟成肉を調理してみました。
今回はステーキとトマト煮込みの2つにしてみました!

熟成肉のステーキ

熟成肉のステーキ
中はミディアムレアの焼き加減にしてみました!
付け合せはマッシュポテト、キノコのソテー、クレソンです。
ソースはバルサミコ酢にしてサッパリ感をだしてみました。

熟成肉のトマト煮込み

熟成肉のトマト煮込み
玉ねぎをよく炒めて甘みをだし、赤ワインとトマト缶のカットトマト、水で煮込みました。
バターとはちみつをいれて、コクを出してみました。

今回、熟成肉に使ったお肉はオーストラリア産の赤身肉なのにかなり柔らかくなっていました!
外国産の赤身肉は噛み切れないとうイメージが強かったので、びっくりです!
安い牛肉でもこんなに変わるのであれば、今後も挑戦していきたいなと思います!

ただ、自宅で熟成肉を作るのにはそれなりにリスクはあるので、無難にお店食べる方が美味しく、安心に食べられるかもですね!
※本記事内に熟成肉の作り方を記載しておりますが、品質・安全面などを保証したものではありません。本記事を参考にして調理した熟成肉で体調不良等が起きても当サイトは全ての責任を負いかねます。あくまでも自己責任の範囲でお楽しみください。

  • 記事が気に入ったらぜひシェアしてくださいね