話題の新商品がモラえる&タメせる!クチコミサイト

本格的な発泡酒、本麒麟を飲んでみた。

キリンの本気度が伺える発泡酒

2018年3月にキリンから本格的な発泡酒「本麒麟」が発売されました。

「これぞ本物、と言えるものをつくろう。」から始まった本麒麟ですが、

深紅な色味が印象的で、伝統的な「麒麟」のロゴをあしらい、堂々と「本麒麟」の商品名を冠したパッケージは、この商品に掛けたキリンの本気度が伺えますね。
それは、飲む直前まで発泡酒とは気付かないくらいの、高級感溢れるパッケージです。

ドイツ産の「ヘルスブルッカーホップ」を一部使用することで、上質な苦味と爽やかな香りで、力強いうまさとコクを実現したとのこと。

早速グラスに注いで飲んでみました。

透き通った黄金色をしていて、泡立ちも良いです。

アルコール度数は6%と少し強めで、コクがあって飲みごたえのある発泡酒でした。

最近ではアルコール度数が6%以上ある、発泡酒や第三のビールが軒並み売り上げをのばしている印象で、そんななかこの「本麒麟」も右肩上がりで売れて行きそうなそんな印象でした。

本麒麟 350ml オープン価格

  • 記事が気に入ったらぜひシェアしてくださいね