話題の新商品がモラえる&タメせる!クチコミサイト

ザクザク食感を楽しむチョコ「ガーナフィアンティーヌトリュフ」

ガーナから秋の新商品登場!

いよいよ9月も中旬に突入!気候もだんだんと秋めいてきましたね。
コンビニのお菓子コーナーも、青と黄色基調だったパッケージから次第に茶色とオレンジ色に変化!

新作お菓子ラッシュなので、どのお菓子にしようかな〜と悩んでしまいますよね。
今回はそんな新商品の中から、9月10日新発売「ガーナフィアンティーヌトリュフ」をご紹介します♪

ガーナのなめらかな口どけとフィアンティーヌのシャリっと食感を同時に楽しめるひとくちトリュフです。

引用:ロッテ

サクサクのクレープ生地「フィアンティーヌ」って何!?

こちらの商品名にもなっている「フィアンティーヌ」と「トリュフ」。
「トリュフ」は市場でも定番になってきているのでご存知かと思いますが、
皆さんは「フィアンティーヌ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

フイヤンティーヌ [feuillantine](仏)
Brisures creêpes dentellesとも言い、薄く焼いたクレープのようなものを砕いたとても薄いかけらです。初めはボンボン・オ・ショコラのセンターとして使っていましたが、その後、お菓子にも使うようになりました。お菓子に使うとサクサク、カサカサといった食感が生まれるのです。水分のある生クリームのガナッシュやムースに使うと湿気ってしまいますので水分のないものに使います。

引用:一般社団法人 日本洋菓子協会連合会

薄く焼いたクレープのようなものを砕いた…ということで、歯ざわりはサクサクしているのでしょうか?
パッケージを手にとって裏面を見てみると、しっかりフィヤンティーヌの紹介が書いてありました。

食べてみた!

パッケージを開けてみると、茶色の可愛らしい外箱と、はたまた茶色のかわいい外袋に包まれたトリュフチョコたちが!
ここまでゴロゴロとトリュフチョコが入っていると、思わずテンションが上がってしまいますね😍

ひとつ口に入れてみると…ガーナの豊かなチョコの香りが広がりました〜!
チョコ自体もとってもなめらかでおいしいのですが、フィアンティーヌのザクザクとした食感がアクセントになっていてとってもおいしいです!
また個人的にはチョコが甘すぎないところもお気に入りでした♪

周りにたっぷりまぶされたココアパウダーは指にくっつきますが、
指で摘んでも溶けることはないので、オフィスのお供にもぴったりです。

一足先に、ちょっとリッチなトリュフチョコを楽しんでみてください!

辛さ☆☆☆☆☆
旨味★★★☆☆

  • 記事が気に入ったらぜひシェアしてくださいね