音楽 どのように聴いていますか?

昔に流行した曲を久しぶりに聴くと当時をおもい出す、そんな曲誰にもありますよね!
ダウンロードやストリーミングなど、色々な視聴方法が生まれる中、みなさんが “どのように音楽を聴いているか?”
今回は、その実態に迫ってみたいとおもいます。

モラタメ調査隊員

楽曲を購入しましたか?また、パッケージ or ダウンロードどちらが好き?

 

楽曲の購入傾向と、パッケージ版とダウンロード版でそれぞれどれくらい利用されているか調べてみました。
その結果、「有料の楽曲を購入していない」が約23%。CDといった「パッケージ版」を購入すると答えた方が約60%と最も多く、「ダウンロード版」と答えた方の約17%と比べると、今だにパッケージ版の人気は高いようです。
パッケージ派の意見は、「手元にあったほうが安心する」「ダウンロードはデータが消えないか不安」など。一方、ダウンロード派は「CD を買うと、収納場所が増えるから。物を増やしたくないから」「必要な時に必要な楽曲を一曲から入手することが可能なこと、わざわざ店舗に出向かずとも入手することができるため」といった意見がありました。

20・30代の方は、ダウンロード版を利用する割合は高年齢層に比べ高いものの、パッケージ版には付属の特典やコレクション要素としての魅力も強く、それぞれ自身のニーズにマッチした購入方法を選択されているようでした。

どんなデバイスで音楽を聴いていますか?(最近1年間に利用したもの)

音楽を聴くデバイスについて調べたところ、「YouTube」「ニコニコ動画」といった動画サイトで視聴している方が多いことから、音楽再生専用機器をおさえ、PC・タブレットが1位となりました。
 若い年代では「スマートフォン」「デジタルオーディオプレーヤー」といった携帯型端末の利用者が多く、一方高い年代では、「コンポ」「CDラジカセ」といったオーディオ機器の利用率が高い傾向がありました。
「移動時間も音楽を聴きたい」「部屋でゆったり楽しみたい」といった、ライフスタイルや楽しみ方に違いがあるようですね。

「ハイレゾ」って何?

「ハイレゾ」という言葉、ご存知でしょうか?

男性で「聞いたことがある」または「知っている」と答えた方が76%、一方女性は「知らなかった」と答えた方が53%と最も多く、認知率に大きな差がでました。以下ご参考まで

 

“「ハイレゾ」は「ハイレゾリューション・オーディオ」または「ハイレゾ音源」などの略称で、ハイレゾ音源は音の情報量がCDの約6.5倍(*)あります。だからアーティストの息づかいやライブの空気感など、CDでは聴こえなかったディテールやニュアンスを感じ取れる、原音に近い音質なんです。* 192kHz/24bitの場合 ”(出典:http://www.sony.jp/high-resolution/about/ ソニーストアより)

このCDを超える「ハイレゾ」楽曲の配信が、今後増えていく見込みです。ライブ感のある楽曲が聴けるようになったり、音楽の楽しみ方の幅が広がりそうですね!
今後注目の「ハイレゾ」、ぜひ覚えてください♪

<アンケート概要>
「音楽鑑賞」に関する調査
調査日 2016年7月8日(金)~2016年7月11日(月)
調査手法 自社のネットリサーチサービスにて、全国のモラタメ会員の20歳~69歳の男女に対し、
アンケートを行い、有効回答は1,085人から得ました。